大切な成分

葉酸の効果的な摂取方法

ピンクのシャツの女性

みなさん、葉酸というものをご存知でしょうか。葉酸とは「血液を作るビタミン」ともいわれ、赤ちゃんの脳や神経を作るために大切なものであり、特に妊娠中は積極的に摂取してほしい栄養素の一つです。厳密に言えば妊娠前や妊娠初期、さらには産後の授乳期において必要な栄養素であり、葉酸とは女性にとって関係の深い存在なのです。この葉酸は、毎日摂ることが大切なのですが、普段の食生活で一定量を毎日続けることな案外難しいものです。食品から摂取しても足りない場合はサプリメントなどの栄養補助食品を利用することも考えて取り入れてみましょう。最近ではコンビニでも購入することができるのでより簡単で手軽に葉酸を摂取することができます。

妊娠期に最も摂取してほしい栄養素

ではなぜ葉酸は妊娠期に必要で、積極的に摂取しなければならないのでしょうか。まず葉酸を必要とする時期ですが、これは決して出産するまでの間ずっと摂取しなければならないということではありません。主に胎児の神経系や脳の発達に働きかける葉酸は、おおよそ妊娠後12週までが必要な時期と言われています。なぜなら赤ちゃんの障害の多くは、この妊娠12週位までの間に起こる細胞分裂の異常により発生するためです。さらに理想的なのは妊娠を計画している女性は妊娠4週間前からの摂取が勧められています。これは実際に妊娠に気づき、病院に訪れた時にはすでに7週目といった妊婦さんが多く、これでは赤ちゃんの先天性異常が形成される10週以前には間に合わない状態になってしまうためです。摂取しておけばよかったと嘆くことのないように日常的に葉酸を摂取する習慣づけをこれから実践してみてはいかがでしょうか。